葬儀の費用

人間が避けられない、冠婚葬祭の費用ですが、葬式も多くの出費がいるのです。葬儀には、手伝いをしてもらう知り合いなどへお礼や、通夜振る舞い、お布施等が必要となります。各々に、何円ずつ支払うのか、会場の広さや希望により差が出ます。悲しい中で、葬儀の会社に全てお任せでは、後から派手すぎたとクレームにもなりかねません。しっかりと要るもの、要らないものを選び出す、気持ちも準備しておきましょう。

葬儀に行くときは必ず、香典を持ちましょう。香典は急激な不幸で負担が増える親族への、助け合いの意味と、故人へのお供えという意味が、あるそうです。香典というのは金額のきまりがあり、金額は故人との関係などにより、おおよそ決まっています。それに、通夜と葬儀の両方に参列の場合、葬儀へ香典を出しましょう。香典の額や、渡し方などは始めにしっかり調べて、参加するといいでしょう。

国内での冠婚葬祭のマナーは、知っておく必要があります。そんな中、お悔やみの場である、葬式マナーは必ず理解すべきものです。たとえて言えば、葬式では喪服を基調としますが、喪服は黒で、バックは光沢は避けます。また、お香典は財布の中の紙幣をつかい、香典袋は袱紗で包みます。通夜の際は通夜振る舞いは頂き、また葬式は葬儀、告別式と分かれていることも多いのですが、世間ではどちらも出るのが好ましいとされます。