皆さんは冠婚葬祭が何を指すかご存知でしょうか

皆さんは冠婚葬祭が何を指すかご存知でしょうか。冠婚葬祭とは、漢字に意味を表わし、冠は昔の15歳に行われた冠の儀式、婚は結婚の儀式、葬は葬儀を指し、祭は先祖をまつる事を表現します。どれも、人が生まれてから死ぬまでの、行事であり大事なのです。家族を大切にし、親は子の成長を、子は親の健康を祈るという、古代からの家族の形が現れたいるのです。礼儀を重視する日本ならではの、風土を感じる、言葉と言えるでしょう。

国内の冠婚葬祭のマナーは、知っておいて損はありません。中でも、お別れの儀式の、葬儀でのマナーは絶対身に着けるべき物だと言えるでしょう。例を出せば、葬儀の際には喪服が基本ですが、喪服は黒で、装飾品は光物は避けます。更に、お香典は古札を選び、香典袋は袱紗で包みます。通夜の際は通夜振る舞いは遠慮せず、更に葬式は葬儀、告別式と分けている場合も多いようですが、一般的にはどちらも参列するのが良いとされます。

日本では冠婚葬祭の時、決まっている挨拶があります。葬儀の時、故人の親族の人たちに向けて、お悔やみの言葉を伝えます。葬儀においては、香典を手渡す際このたびはご愁傷様ですや、お悔やみ申し上げますといったような決まり文句があるといいます。家族はとても疲れていて、近付き固い有様ですが、仲良しの仲間の言葉で、少なからず勇気がもらえると聞いたことがあります。遺族を思い、気持ちを真摯に伝えるといいでしょう。