不動産は多くの消費税が掛かるので増税前に物件の需要が増します

元々が高額なだけあって不動産は、消費税に大きな影響を受けます。その税金は、住居の購入に大きく関係してくるからです。人々が普段のショッピングで何かを買う際には、毎回と言って良いほど消費税が発生します。現在の法律では、200円の物品を購入したなら税金は16円分発生する事になるのです。ちなみにそのときの税率は、情勢によって変化していきます。それはいつものショッピングだけでなく、不動産物件の売買の場合も同様です。

例えば5000万円の物件を購入した時には、400万円の消費税を支払わなければなりません。

さらにその税金は、賃貸物件にも関係してくる事があります。それは賃貸の物件の中には、住宅ではないタイプがあるのです。駐車場やオフィス物件なども賃貸による不動産物件の1つですが、年間の賃料の合計が一定以上を超えると消費税を支払う事になります。つまり販売物件だけでなく、賃貸の不動産物件にも消費税がかかる訳です。ただし住宅の賃貸物件に対しては、その税金はかかりません。

あくまでもオフィスや店舗などに使っている物件で、かなり高めな賃料の物件のみ税金が必要になる事になります。

また人によっては、消費税が大きな負担だと思っている事もあります。上記のような400万円の場合の例ですと、それは軽視できない金額だと思っている人も多いのです。それに消費税が、状況によって変わるかもしれません。今のルールでは8パーセントになっているのですが、状況によってはこれから10パーセントになる可能性もあるのです。

その割合が変化する前は、販売数が上昇する事もあるでしょう。

なぜなら10パーセントだと、400万ではなく500万になるのです。差額はなんと100万になり、それを節約したいと考えている方々もたくさんいます。そのような訳で消費税の率が上がる少し前のタイミングでは、物件の契約数が多くなる傾向があります。上がる前にそれを購入しておけば、節税などに直結する事が多いからです。いわゆる駆け込み需要という名称が付いています。