シェアハウス生活での注意点

シェアハウスを利用するにあたって、いくつか注意点があります。複数の人と一つの屋根の下で生活をしていくわけなので、守らなくてはいけないマナーは当然あります。
では、シェアハウスに住む上で大切となる基本的なマナーをご紹介します。

・自己紹介はきちんと行なう
 シェアハウスに入居した際や、他の方が入居してきた際には、必ずきちんと自己紹介をするようにしましょう。 また、日頃から挨拶などもきっちりと行なうようにしましょう。 住んでいく上で、他の入居者の方と交流を持つか持たないかは人それぞれですが、自己紹介や挨拶は人として最低限のマナーです。
・共有スペースを綺麗に使う
 トイレやお風呂など、シェアハウスでは住居者の方々と共有して使うスペースがあります。 そういったスペースは、なるべく汚さないようにしたり、汚してしまったらきちんと綺麗にするようにしましょう。 「誰がやったかわからない」なんて思ってそのままにしていると、他の方から不信感を抱かれてしまいますよ。
・私物を共有スペースに置きすぎない
 廊下やリビングなど、共有スペースに自分の持ち物をバンバン置くのはやめておきましょう。 全員が同じことをしたら、あっという間に住居は物でいっぱいになってしまいます。 自分の持ち物はなるべく自室に納めるようにして下さい。

どんな案件にも対応できる不動産鑑定はこちら

シェアハウスは、一人で暮らしているわけではありません。部屋は違えど、共同生活には変わりはありませんので、ちょっとした遠慮や配慮は必要です。