シェアハウスの基本的なマナー

シェアハウスとは、一つの家で複数の人たちが暮らすことを言います。キッチンやリビング、お風呂やトイレなどは、住んでいる人たちで共有して使用します。個人の部屋は、一部屋ずつあるので、プライバシーはある程度守られますね。

シェアハウスを利用するメリットとしては、敷金や礼金、保証人制度はなく、料金は月払いというのが一般的です。短期滞在の人向けに、料金は週払いで生活できるシェアハウスもあります。
シェアハウスには、生活に必要な家具や家電がそろっているところが多く、電子レンジや洗濯機なども共同で使用できるところもあります。

シェアハウスは、とても便利で、効率的に生活することが出来る賃貸物件ではないでしょうか。シェアハウスの基本的なマナーとしては、ここに住む同居人は、最初は全くの他人同士から始まります。時間がたつにつれて、仲良くなったとしても、お互いにルールをしっかりと決めて、快適に生活できるように気をつけましょう。

お互いに、シェアメイトのプライベートルームには入らないようにしましょう。用事があるときには、最初にノックをして了承を得てからドアを開けることが最低限のマナーでもあります。また、トイレやお風呂場、キッチンなどの共用施設を使用した場合には、後片付けをきちんとすることが必要です。

お互いがいつまでも気持ち良く使用できるようにしておきましょう。シェアハウスは自分だけが住んでいるのではないため、友人を呼んだりしたときには、騒ぎすぎないようにしましょう。