余裕を持ち予算を決めて

高い買い物となる仏壇購入においては、予算を決める前にとりあえずいろいろな店を見て相場を知っておくべきかも知れません。1つの手段として仏壇購入に使うお金をその時期までに積み立てておけば予算の幅が広がるでしょう。購入する際は当然ながら仏壇の他にもご本尊や香炉、花立などの仏具といったものもある程度必要ですのでそういうことも踏まえて余裕を持ち予算を決めていきましょう。高ければ良い、という類のものでもありませんのでデザイン等もよく見つつ候補を選んでいくべきでしょう。

おそらく頻繁に祈りの対象になる仏壇は、購入する時はどういうものを選ぶべきなのでしょうか。材質や工法、形やサイズなどそれぞれに違い様々な種類の仏壇があるなかで、やっぱりデザイン重視で見て一番気に入ったものを選ぶのがベストであると言えます。金仏壇や唐木仏壇など主流の仏壇の他にも昨今では家具調仏壇というどんな部屋にも合うようなインテリア感を重要視した現代的なものも出回っていて、選択の幅はかなり広いと言えます。

仏壇を購入しようとした際に、それと同時に必要となるのが仏具です。

ご本尊やお位牌は当然ですが、それら以外にもぜひ用意するべきなのが三具足の香炉、花立て、燭台でしょう。そのうちロウソク立てと花立てを一対ずつにしたものを五具足と呼び、それに加え水やお茶を供える時に使う茶湯器、ごはんを供える時に使う仏飯器の2つを加えたものを七具足と呼びます。仏具においてもいろんな種類がありますが、このあたりを揃えておけば間違いないようです。