霞が関は外務省が置かれていることをきっかけに、農林水産省や環境省など行政機関が集中していることから、日本の中央官界としても知られています。そんな日本の経済を担う霞が関周辺にある歯科医院などの実態や特徴を詳しく調べてみました。

東京都千代田区にある霞が関は日本の行政機関が集中していることから、霞が関という地名は別名日本の中央官界としても知られています。行政機関以外にも東京地方裁判所や国立国会図書館の支部法務図書館があるなど、さまざまな情報が集まり、暮らしを豊かにするための法律や裁判などに関しての議論が日々行われている場所でもあります。

地域としてそのような特徴を持つ霞が関周辺の歯科医院はどのような特徴を持っているかを調べてみました。霞が関はその一帯に住んでいる人より日中働きに来る人の方が人数が多くなっているようです。そういった働きに来る方のニーズに合わせて19時まで診療を受け付けている歯科医院が多く見受けられました。なかには20時まで空いているというところもありました。働いている人からすれば地元の歯科医院に通った方が融通がきくなどの意見などもあるかと思いますが、そうなると働いている日は地元駅などに到着してすぐに歯科医院に向かう必要があります。更に公共交通機関を利用して地元と霞が関を行き来している人は、万が一人身事故などで運行が停止してしまった場合の対応が難しくなってしまいます。しかし、勤務地である霞が関周辺の歯科医院に通うことで時間に余裕を持って行くことができます。地元に帰るためにあくせくする必要はありませんし、仕事が休日の日に歯医者に行くこともないので、時間を有意義に使うことが出来るのです。お金は仕事をすれば稼ぐことが可能ですが、時間はお金で買うことはできません。生きている上で貴重な時間を無駄にせず、上手く有効活用して元気に過ごしていきましょう。