泥棒や空き巣を防犯するために必要な鍵の設置とは

大昔ならともかく、現代の日本では一戸建てやアパートメントなど、どんな住まいの玄関にも通常は鍵が付いています。鍵を施錠しておけば鍵を持っていない者は、開けることは一般的に出来ないのです。けれど侵入者の手にかかれば簡単に鍵を開けられてしまうことがあります。

専門工具を用いた作業、鍵の破壊や、合鍵作製など手口はいろいろあります。侵入者は5分以上もかかる玄関は諦めて別の住まいを物色する傾向があります。少しでも時間がかかる鍵へ交換すれば防犯の対策になるのです。

何カ所かの防犯性の高い鍵があり、そういった物に交換すればある程度の侵入は防止することは可能です。合鍵作製が厳しい特殊キーもあります。それらの防犯性の高い鍵に加えて今では登録された指紋で解錠するタイプの最新型の鍵も出てきました。

以前は精度の点で難のあった指紋照合技術でしたが、最近では技術の進歩で精度が上がり今まで照合できなかった指紋でも平気なようになりました。同じ指紋を持っている人は一人限定なので、他人が解錠することは無理です。

人差し指の指紋を読み取る部分に触れるだけで解錠できるので、片手が荷物でふさがっている状態でも簡単です。鍵穴じたいがありませんので、合鍵を作られることもピッキングされる不安も無いです。キーをどこかに紛失して侵入者に拾われる心配も無いです。キーを差し込みすることが無いので、キーを持ち歩く無駄も無いです。キーを自宅の中に置いたまま鍵をかけてしまっても問題なしです。

もし登録した指を怪我してしまって照合が出来なくても、もう一つの指を登録しておけばどうということもないです。複数の指紋を登録しても良いので家族の人数が多くても、家族分の指紋を登録することも心配ないです。セキュリティ会社のホームセキュリティに接続可能なタイプもあり、不測の事態の時にはセキュリティ会社の警備スタッフが臨場してくれます。その代わり一般の鍵より防犯性の高い鍵より、かなり価格が高くなります。家庭の中に財産が多い富裕層向けの鍵と言えます。