空き巣に入られない防犯対策に戸締まりと高精度の鍵がポイントです

中々、意識し辛い事ではあるのですが、最近、防犯に対する意識を特に高める必要がある状況になっています。治安が低下して普通に暮らしていくことの水準が高くなってしまい、失業することで犯罪が増えるのです。その状況にマッチするためには、各自がきちんと防犯の意識を持つことが重要です。

身近な防犯でできる事といえば、空き巣対策を網羅できます。郊外の一軒家は空き巣に入られやすいので、きちんとした防犯対策が不可欠です。

その第一歩としてまず考えたいのは、何と言っても施錠対策です。空き巣は鍵を開けなければ屋内への侵入も出来ません。空き巣を犯す人の中には強引に窓を割るなどして侵入するケースもあります。そうした痕跡を残さずに侵入しようとする企みを防ぐために、まずは鍵の対策をすることが空き巣対策に直結します。

家のドアの鍵を厳重にしておくことは、空き巣から家を守る充分な防犯対策と言えます。空き巣が侵入するのにかける時間は、約5分がボーダーラインといわれており、解錠に5分以上の時間がかかるようにしておけば、空き巣の被害を抑える事ができます。したがって、家の鍵は高精度の鍵を二重につけておくことが空き巣の対策になります。それでは自分が家のドアの鍵を開ける場合に面倒くさいと感じてしまうことがあるかもしれませんが、それで空き巣の被害を防ぐことができるわけですから、用心するに越したことはないでしょう。

また、とても基本的なことで、一軒家とマンションなどの集合住宅のどっちにも言えますが、家を空ける場合は施錠することが防犯対策の初めの一歩ということです。例えばマンションなどは玄関のセキュリティが二重という思いから大丈夫だと安心してしまう場合が多く、部屋の鍵をかけない人も存在します。これは防犯上とても危険ですからやめたほうが良いですし、オートロックも万全ではないことを覚えておいて欲しいです。まずは戸締りをしっかり行うことが防犯対策の要点だという意識を誰もが高めていくことが必須です。