デザインを重視しよう

仏壇の関係でよく見かける相談はいつ頃購入するべきかなど購入時期についてだったり、どんな大きさや形がいいか、どの材質がいいのかなど選び方の相談ですね。購入の時期については別にルールといったものはなく欲しいと思った時に行動に移れば良いでしょう。選び方についてはやっぱりお店を回り実物を眺めながら店員の方からしっかり話を聞くのが無難かも知れませんね。

この時、親身になって真心のこもったアドバイスをしてくれる店舗を選ぶと良いでしょう。

その宗派によって、仏壇のご本尊が浄土宗、浄土真宗ならば阿弥陀如来、臨済宗、曹洞宗であるなら釈迦如来、真言宗であれば大日如来、日蓮宗であるならば曼荼羅であるなど違いがあり、脇尊についてはさらに細かな配置があるようです。仏壇を購入する時は事前にインターネットや専門の本、お店のスタッフに聞いてみるなどして知識を得ておくべきでしょう。

ちなみに浄土真宗ですとお位牌は必要なく、必ずしもというわけではないですが金仏壇を選択する場合が多いようですね。

おそらく毎日祈る対象となる仏壇は、購入する際はどういうものを選択するべきなのでしょうか?工法や材質、サイズや形などそれぞれに違い多様な種類の仏壇がありますが、やっぱりデザインを重視し自分の気に入ったものを選んでいくのがベストと言えるでしょう。金仏壇や唐木仏壇などといった主流の仏壇の他にも最近では家具調仏壇といった洋間にも合うインテリア感を重要視した仏壇も出回っており、選択する幅はかなり広いでしょう。