最近は普及したことにより、インターネットは、どこの家庭でもつながるというくらい一般化してきていますが、速度面では大きな違いがあります。無線LANを使って家族みんなが家の中のどこにいても、ネットができるようになるのはとても便利であり、ストレスがあまりないのですが、その速度が遅いといらいらしてしまうことがあります。特に動画を視聴しているときに、頻繁に止まってしまうとストレスになってしまいます。ネットはさくさくとスムーズに使用したいものです。

そういう時にどのようなことができるのかということですが、有線などであればスピードはまずまずであるのに無線に変更すると遅くなったと感じるというケースは確かにあります。無線LANの処理能力の問題もでますし、無線は特に暗号化等複雑な処理をするので、あるレベルの対応能力が必要となり、対応する性能が不足する可能性もあります。そしてどれほどのネット環境が備わっているのか、ルーターはどうなのかという問題になることがある為、ある程度の調整はできたとしても限界があるのです。

そしてルーターとハブとWi-Fiの3つの要素のバランスの問題が生じることがあるわけです。Wi-Fi機器にはルーター機能あるいはハブ機能が組み込まれることがありますがWi-Fiの性能よりも、グレードの低いルーター機能やハブ機能が組み込まれている製品が多いので、無償の機器であれば、低性能のため低速ということも考えられます。そのため、無線によるLANを使用したインターネットが遅いと感じる場合は、機種に問題があるか、もしくは他の近所の無線LANと混線してしまっているなどもあるかもしれませんし、パソコンの設定の問題ということもあります。

また、回線が混雑していると通信速度が遅くなるという可能性もありますので、その場合には無線チャンネルを変更してみると良いでしょう。無線チャンネルとは、通信の際に使われる電波の領域を細分化したものです。メーカーによって変更方法が違いますので、確認してから行うようにしましょう。

場合によっては原因がはっきりしない場合も考えられるので、調べてみることです。無線LANについては本当に便利ですが、障害物がなく、近くでは早いのですが、少々離れたり、2階に上がったりするとどのようにしても速度は落ちてしまいます。インターネット環境は非常に重要なので、しっかりと調整してストレスなく使えるようにしたいものです。