温泉とは本来地中から湯が沸き出す現象および湯が溜まる場所を示す言葉ですが、それらを利用した入浴施設自体も温泉と呼ばれており、人工温泉と区別して天然温泉と呼ぶこともあります。

日本の温泉法の定義では、湯が規定量以上の化学成分を含んでいるか、規定未満でも源泉温度が25度以上であれば温泉と名乗ることができます。

また、ボーリング技術により人工的に噴出または揚湯されたものも、地熱で加熱された地下水が自然に湧出したものも、温泉法に当てはまればどちらも温泉とされています。

火山列島である日本は世界で1番温泉の多い国で、古くから湯治という温泉で健康を回復または増進させる習慣が根付き、好まれてきました。

温泉は熱源が火山の地下のマグマを熱源とした火山性温泉と、火山とは無関係に発生した非火山性温泉の2種類があります。
熱海の海が一望できる高級温泉旅館 – ATAMI 海峯楼
また、水素イオン濃度、泉温、浸透圧の違いで分類が行われており、含有成分の違いは泉質として区別されそれぞれ人体への効能が異なります。特に既定の成分を含む温泉は療養泉と定義しており、単純温泉や炭酸水素塩泉、塩類泉、硫酸塩泉、二酸化炭素泉、酸性泉、含鉄泉、硫黄泉、含よう素泉、放射能泉の10種類に分類されます。

また、浴槽に注がれた湯を濾過し、加熱して再注入するものを循環式、しないものを掛け流しとして区別しており、純度の高さから源泉100パーセント掛け流しをPRする温泉が増えています。

高所から放出した湯を浴びられる、打たせ湯、立ったまま肩まで浸かる深い湯船の立ち湯、寝そべって入浴する浅い湯船の寝湯、屋外で無料のものが多い足湯、美肌効果が期待できる泥湯などさまざまな入浴方法の温泉があります。その他、蒸気を浴びる蒸し湯、温かい砂を全身にかぶせてぬくもる砂湯、温めた岩石や天然石を加工した台の上で横になるサウナ風の岩盤浴のように、湯船に浸からない風呂も存在し各地の温泉地域の楽しみのひとつとなっています。また、蒸気を温泉卵や地獄蒸しといった食品加工に利用し、湯の花と呼ばれるみょうばんの採取、健康促進のための飲湯、美容目的での泥パックなど、温泉は湯に浸かる以外にもさまざまな方法で利用されています。

 

温泉にはさまざまな効能があります。

リフレッシュする目的でも、温泉は良いですが何かしらの体の不調を直すためにも温泉は良い物です。温泉にはどのようなときに行かれますか?温泉旅行に行った際にというのもありますが、体の不調を感じた際に温泉に入ることはありませんか?温泉はあらゆる効能があるので、疲れがたまったときに行かれると良いかもしれませんね。