価格競争が激化して利益率が低下すると、企業を取り巻く環境は厳しくなります。そんな状況下においても確実に利益を確保するために、原価管理システムの導入が必要です。原価管理システムを導入しないと、さまざまな課題があります。

原価の算出に必要なデータが揃わないと、原価計算業務への負担が大きくなります。

コストを削減するためには、原価差違分析が迅速に行われなければなりませんが、データ収集と分析に手間がかかり、コスト削減のための経営判断に時間がかかってしまいます。システムを導入しないで原価管理を行うと、ERPなどのシステムで原価情報や各種分析情報が経営陣と共有できないので、原価管理が資材調達や生産計画、在庫計画などに生かされません。諸事情ややむを得ない事情で調達先が変更になり、原材料が高騰した時に、原価が経営状態にどんな影響を与えるかシミュレーションがされていないと、対応が遅れて経営が悪化する可能性があります。

原価管理システムを導入すると、自動的に標準原価や実際原価を計算できます。工程別管理や部門別管理の自動的な計算も可能です。原価計算の手間が省け、分析や各種立案に人員を用いることができます。

原価管理システムを導入すれば、原価差異分析を製品別や工程別に行えます。コスト削減のために、何を削減するべきかという分析が効率良く行えます。損益計算も製品別、部門別に行えるので、経営判断が遅れずに済みます。

原価管理システムをERPなどと連携させることで、原価情報を全社で共有できます。原価情報を資材管理や財務管理、在庫管理、生産管理、経営判断に活用できます。こちらのシステムのシミュレーション機能を使うと、調達先の変更や為替の変動による原料価格の変動が原価価格に与える影響を事前にシミュレーションできます。原価率の変動幅を事前に予測できるので、経営を守るための備えを事前に行えます。

原価管理システムは、現在の経営判断のデータを提供することだけでなく、他に将来的な経営環境の変化に対応するデータの提供もしてくれます。

 

企業の分析などはシステム化するのが最も良いです。分析や調査するにも時間がかかることですから、ある程度システム化して企業活動を効率の良い物に変えていってはいかがでしょう。そうすることで人件費も削減でき、的確で正しいデータを取ることができます。そして、企業業績の向上にも大きく繋がることでしょう。企業のムダを少しずつ見直すにはやはりシステム導入です。労働環境が見直されている世の中、そういった部分を変えてゆくべきなのでしょう。