営業代行は、聞いたことはあるがよくわかっていない方が多いです。

営業代行とは、言葉の通り営業活動である契約やアポイント、販売などの代行を行なってくれるサービスになります。営業職で必要なスキルとは、コミュニケーション能力だけではなく、ゼネラリストという総合的能力が高い方が必要となります。

コミュニケーション能力が高いだけでは、商品の売り込みが上手とは言い切れないためです。そういった理由で営業職のゼネラリストとは、真逆の位置にいる、IT系などのシステム開発業者などの専門職の会社が利用される場合が多いです。

営業代行と営業派遣の最も大きな違いとなると、指揮官命令権になります。営業代行は、指揮官命令権が委託先の自社の企業側になります。しかし、営業派遣の場合は、指揮官命令権が派遣先の企業側にあります。

どちらかというと、指揮官命令権のある営業代行のほうが良いのではないかと考えますが、しかし営業代行の方が高額なため、見極めて使うことが大切です。営業の方針ややり方がある程度決まっていて、人が変わっても変わらなくても成果は同じような場合は、営業派遣の方が、安価なことが多いため、そちらを使う方がおすすめです。そのため、営業派遣は人的リソースの補填を補うことが目的ぐらいに考えるといいです。しかし、新規マーケットを立ち上げる、営業スキル次第で商品の売り込み数がかわるような、高い営業スキルが関わってくるものであれば、経験や知識の豊富な営業代行を使うことをおすすめします。営業のノウハウ機能や営業の戦略が必要であれば営業代行を考えるのがいいです。

営業代行を活用するのはいくつかメリットがあります。特に営業職の養成や管理が苦手な会社にとって、不得意分野を外注できるというのが最大のメリットになります。営業代行といっているだけあり、その道のプロになります。そうすることで、養成や管理に時間を割く必要がなくなるわけです。