世界には色々な場所があります。 それに、よく世界三大珍味とか風景などを世界の中で有名な場所を示したりします。
世界3大瀑布もその中の1つです。 世界3大瀑布の種類について説明をします。
まず、イグアスの滝。
イグアスの滝は、南アメリカにあるアルゼンチンとブラジルの両国にまたがっている世界の中で一番大きな滝です。 悪魔の喉笛といわれているくらいに有名な観光名所になっています。 1984年に世界登録をされました。

2つ目はナイアガラの滝です。
この滝の名前は聞いたことがある人が多いと思います。 ナイアガラの滝は、アメリカとカナダの国境になっている場所にあります。
3つの滝が合わさってできた巨大な滝です。 カナダのほうからナイアガラの滝を見ると、滝の全体を見ることができます。

3つ目はビクトリアの滝。
ジンバブエとザンビアの真ん中にある滝で、1700Mの滝幅があります。 1分間に5億5千万リットルもの水が流れます。
天候がいいときには、70キロメートル先までを見ることができます。 その風景はまさに神秘的な光景になります。 1989年に世界登録をされました。

世界遺産というのは、色々な規約い基づいて決められています。 2008年の時点で世界遺産に登録をされている数というのは880個といわれています。 このように、日本だけではなく世界中の中を見るだけでもかなりの数があります。
世界遺産というのは、表現力や技術、芸術性、地形など色々な自然環境から人の努力なども評価をされて決まります。