世界にはたくさんの滝がありますが、世界の三大滝と称される有名な滝はどこにあるかご存知ですか?

世界の三大滝の1つめの滝は、『イグアスの滝』です。イグアスの滝は南アメリカ大陸のアルゼンチンとブラジルの2国にまたがって流れる世界最大の滝です。最大落差は80mもあり、滝を含む下流のイグアス国立公園は世界遺産にも登録されています。
2国にまたがっているのでアルゼンチン側からとブラジル側からと違う景観で滝を楽しむことができます。大小300以上の滝から成り立っており、滝の幅は4kmと世界一を誇っています。

2つめの滝は『ヴィクトリアの滝』です。南アフリカ大陸のジンバブエとザンビアの2国にまたがっています。こちらも1つめの『イグアスの滝』と並んで世界最大の滝で世界遺産に登録されています。
最大落差は108mもあります。増水期と渇水期で全く違う様相の滝を見る事が出来ます。増水期には水煙が多く滝を見るのには少し困難ですが、渇水期には滝壺まで見る事が出来、増水時には水没している小島を徒歩で渡ることもできます。

3つめの滝は『ナイアガラの滝』です。これはとても有名で知っている方が多いと思います。北アメリカ大陸のアメリカとカナダの2国にまたがって流れています。
とても有名ですが、『イグアスの滝』『ヴィクトリアの滝』に比べるとだいぶ規模が小さい滝になります。アメリカ滝、カナダ滝、ブライダルベール滝の3つの滝から成り立っています。アメリカとカナダの2国側から滝を見る事が出来ますが、滝の正面や全体を見るにはカナダ側からになります。

世界の三大滝の壮観な風景を一度見に行ってはいかがでしょうか。

 

世界遺産は一生に一度は見ておきたいものだと思います。世界遺産は日本にもありますし、海外にもあります。有名なものではナイヤガラの滝があります。ナイヤガラの滝は、水量も多く、その迫力に圧倒されることでしょう。遠くからでも十分に感じられるマイナスイオンが素晴らしいものです。