昨今新聞が売れないなどと聞きますが、私達が生活の中で必要不可欠なのが、ニュースです。一般的なニュースから芸能関係など、最近は様々な情報があふれています。私達が一社会人として生きて行く上で、最低限の常識としてもニュースは欠かせません。

一昔前は、私達がニュースを知る媒体としては、テレビやラジオがメインの媒体でした。しかし、今はメディア自体も変わってきて、むろんテレビやラジオなどのツールも今まで通り便利ですが、今はインターネットを仲介してニュースを配信することが増えました。

パソコンが一人に一台の社会になったことと、スマートフォンが広まって来たことが、そのバックにあります。それだけでなくWEBのニュースには、常に最新の情報が出てきます。

テレビやラジオではニュースの時間内だけで情報を発信するため、常に新しい情報と言うわけにはいきません。どちらかというと、今までのニュースをまとめて報告するのが、テレビやラジオの特性とも言えます。それに比べてインターネットでのニュースは、いつも新しい情報が更新され、またしてもすぐにチェックすることも出来ます。

それからテレビやラジオとは違い、パソコンやスマートフォンがあれば、いつでもニュースをチェック出来ます。移動中の電車の中であっても、学校でも、場所や時間を問わず最新のニュースをチェック出来るというのは、とても大きい魅力です。また、操作方法も手軽だから、若い人を中心にパソコンやスマートフォンは人気のあるメディアツールとなっています。

しかし、パソコンやスマートフォンが、時には非難される時代でもあります。

歩きスマートフォンと呼ばれる言葉もでき、その危険性や常用性が問題とされることもあります。しかし、リスクだけではなく、上手く使えば常に最新のニュースを知ることが出来る便利なメディアツールでもあります。ニュースを知る方法が多数あるのは、若者もニュース離れの解消になるし、多くの人に情報が行きわたるという良い所もあります。そういった特性を上手く利用して、今後もニュースを多くの方が知ることが出来ればいいです。