ピッキング対策に防犯性に優れた鍵に交換する事とは

どこか外出するときに、玄関に鍵がついていても、取り付けしてある鍵のタイプによっては、簡単にやぶられる恐れがあります。侵入者のよく使う手口の一つにピッキングがあります。ピッキング技術に優れている者は、鍵が無くてもピックなどの器具を使用して短時間で開錠することが可能です。ドアノブの中心に鍵穴があり、鍵にギザギザが付いている昔のタイプは、ピッキングの被害に合いやすいです。築年数の経っている住まいに割合多いですが、そんなときは防犯性に優れた鍵へ交換されることをオススメします。

鍵穴が横の状態で、鍵に溝と凹みが付いているタイプはピッキングが困難と言われています。スペアキーを作製されて侵入される手口も少なくないのですが、防犯性の高い鍵の中には、理論上、鍵違い数が何十憶以上とかなり多く、合鍵の作製が難しいタイプもあります。鍵自体を壊して侵入する手口もありますが、破壊に強い鍵も多いです。予備が必要ですが、どんな破壊にも多くの時間がかかるようになりました。

しかし、せっかく防犯性の高い鍵を取り付けしてある場合でも、鍵を忘れても問題ないように、鉢植えの下に鍵を隠しておいたりすると意味が無くなってしまいます。

最近の鍵には、暗証番号をボタンで押して開錠するタイプもあります。便利ですし、暗証番号は任意で設定できて大変便利です。中には自ら何もしなくても自動的に施錠されるタイプもありますが、暗証番号を忘却すると中に入れなくなってしまいます。

ですが、1234や誕生日など予測しやすい暗証番号では、侵入者に簡単に開錠されてしまう心配があります。

暗証番号には意味のないランダムな数字を設定し、念のために忘れないような工夫をしておくと良いでしょう。書いて記録しておくと落とした時が心配ですが、住所でも記入しない限り、どこのものかは分からないです。とはいえ特定される恐れもあるので、仮にメモを落としてしまったら念のため違う番号にしておきましょう。暗証番号であける鍵は現在使用中の鍵に追加して取り付けることも可能です。