農業や漁業、製造業もありますが、国内提供のサービスの種類は、数え切れないほど多くて、現在では第3次産業として主に成り立っています。第3次産業として発展してきた業務は、お客様に対して接客をしたり、商品を販売したりといった種類があって、一般的にはお客様と対面しながらニーズを満たしていく事を目的として、従業員が職務に就いています。高度成長期から繁栄してきた業務として、ホテルなどの施設の中でお客様に部屋を提供して、食事を提供することなどの献身的なサービスが主体でした。

商店街で商品の販売の任務に就いている時にレジで精算をしたり、居酒屋や料理店などの飲食店でおもてなしを行いながら案内をしたり、注文を承ることが、昔からの業務として現在でも行っています。賃貸に関連する業務で賃貸アパートやマンションなどを紹介することや、スナックなどの飲食店でお客様を満足するように会話をしながら、飲み物を提供する事も、経済が発展している時より行っています。

お客様の希望に沿うように現金と価値があるサービスを交換して、利用者の満足を満たしつつ経済が回っています。

最近では結婚に関連したようなブライダルなどの業務を行って、祝福をされているような人を満足させたり、男女の出会いを支援したりする運営会社が多くなっています。最近は男女の間でなかなか出会いがなくて、結婚をする機会が無い中で、出会いを求め婚活を支援する会社があり、結婚をしたい人専門に結婚相談所で希望の女性を紹介する所もあります。時代の流れから業種や職種が多様化している中で、様々な利用者のニーズに合致した仕事を生み出している事が現状と言えるのです。