顧客への電話対応業務を専門とした事業所、部門の中でもオペレーターの人数や電話回線数が多い大規模な施設をコールセンターと呼んでいます。

一般消費者に対して商品やサービスの受注、クレーム、問い合わせを受ける目的で設置されており、需要の多さから専門の委託業者も多数存在しています。

大手企業になると無料でサービスを行っている場合があります。従来は前述の受信業務がメインでしたが、近年は企業が顧客に発信する側にまわり、新規顧客のマーケティングや開拓業務にも利用されています。コールセンターの求人は業務の幅が広がったため、また顧客の意見をより取り入れるため、近年増加傾向にあります。

受信業務のアルバイトは、顧客からかかってきた電話連絡を受け、受注や質問、クレーム対応の他、担当部署への取り継ぎ、ヘルプデスク業務とさまざまな対応を行います。顧客は明確な目的を持って電話をかけてくるので、どんな質問にも迅速に回答できる知識を備える必要があります。

そして、コールセンターの求人の中でも特に時給が高いのが発信業務で、基本給とは別に賞与が支払われることがあります。将来的に顧客になる見込みのある人に営業電話をかけることが業務で、商品やサービスの案内や満足度調査、市場調査のほか、法人ユーザーへの営業活動も行います。先方の都合を考えずに一方的に発信する方法なのでなかなか頑張りに対して結果が出にくいですが、電話を切られてもすぐに切り替えて次の顧客にチャレンジできる精神的な強さが必要になります。

どちらも仕事を通して正しい言葉づかいやビジネスマナー、相手に分かりやすい話し方が身に付き、根気強さが培われる仕事ですが、未経験で応募する場合、発信業務の方が入りやすい場合があります。どちらの業務も仕事を始める前にしっかりと研修を受けられますが、受信業務は初めからさまざまなケースの回答を覚え顧客に合わせて千差万別の対応を行わなければいけません。発信業務は電話を掛ける勇気こそ必要ですが、意外にも会話方法が限られており覚えることが受信業務と比べると少なく、自分のタイミングで電話をかけられるので心の準備ができるという一面があります。