インターネットサービスを運営するにあたってドメイン情報、またはサーバシステムを含め利用するユーザーがよりよい状態であるように気を配って、必要な手段を組織的に使ってとりさばくことがとても重要になります。サービスの利用規約は本規約、各サービス毎に個別の規約、ガイドライン、ポリシーなどが定められていることで、ユーザーが安定したサービスを提供でき、規約があって管理となります。また調子がおかしい場合や不具合があった場合に、よくある質問などの事例を載せたり、メールや電話で問い合わせができるサポート管理など万全の体制がとられています。

インターネットサービスという観点からオンラインゲームの例を一つ挙げて見ますと、まずは無料で会員登録をしてユーザーの個人情報を保存します。そしてプレイする上でもサーバーダウン、外部からの攻撃、ユーザーが課金して作成したキャラやアイテムなどを狙うハッキング、RMTと呼ばれる不正行為、BOTと呼ばれる、コンピューターウイルスなどによって自動化されたコンピューターのインターネットワーク上でスパムなどに利用される対策と様々な問題が生じてきます。

運営側の対策にはサーバーの強化や増設、システム管理を目的とする基本メンテナンスやコンソール作業、常駐監視サービスや定期的なバックアップとWEBサーバーが安全に堅固に稼動することを最優先に考えた対策が講じられています。

サーバー別の管理法にはサーバーを購入して社内に置くオンプレミスとクラウドでホスティング利用する、この2つの方法があります。システム管理上24時間365日フル稼働の停止なしで稼動する場合はホスティングサービスがありユーザーからの多くの信頼があります。

高度な要求をする基幹システムはオンプレミスがあって、社内の業務を円滑に行うために十二分なスペックのハードウェアを導入することが望ましいです。ユーザーが安心、安全でインターネットサービスを利用するためには徹底的な管理が求められます。

インターネットはビジネスになる時代です。物をやり取りするようなものではありませんが、情報やゲームといったコンテンツは売ることができるものです。そのコンテンツを無料で提供したとしても広告をつけて収益化を図ることもできます。そこでインターネットビジネスと言われるものが行われているのです。